韓流

1990年代半ばから、韓国のテレビドラマとK-popが中華圏で人気を集め始め、「韓流」という言葉が登場し、韓流が日本に上陸したのは、2003年のドラマ『冬のソナタ』がNHKで放送されてからです。